引っ越し 段ボール 詰め方

MENU

業者の専用資材を利用する

引っ越し作業で一番手間と時間を割くのが、段ボールに荷物を詰めるという作業ではないでしょうか?

 

大量の段ボールを業者から受け取ったものの、なかなか詰めきれなくてイライラなんていうこともあると思います。

 

そこで、より効率的に作業を進めるために、少し詰め方を工夫してみましょう。

 

まずは一番手間がかかるキッチンまわりです。
お皿やコップなどを一枚一枚新聞紙などに包んで、割れないように保護するのは本当に面倒です。

 

そんな時は、業者で取り扱っているクッション式の段ボールをもらいましょう。

 

これに詰めるのはものすごく簡単です。
クッション素材に守られて割れる心配がなく、こちらで何か保護する必要もないので、ポンポン詰め込め作業がはかどります。

 

衣服などは、ハンガーラックを利用するといいでしょう。
コートやカーディガンなどを一枚ずつ畳んで詰めてとなると、かさばるだけでなくシワがついてしまったりで開封後も大変です。

 

これも引っ越し業者にお願いして当日持ってきて貰えば、ハンガーのまま運べてシワの心配もいらないので本当に楽で安心です。

 

部屋や用途ごとに荷物をまとめることを意識する

引っ越しでは、荷積みまでの作業も大事ですが、それ以上に荷解きも重要です。

 

そこで、少しでも効率的に行うために、段ボールには搬入するべき部屋や中身の詳細を記載しておきましょう。

 

これは、自分のためだけでなく業者の方にも分かりやすくしておくためです。
搬入時の指示をいちいち出さなくてもいいですし、荷解きを業者の方にお任せしていればなおさらです。

 

すぐに使いたいものも分かりますし、用途ごとに分類しておけば収納するときにも便利です。

 

また、新居でそのまま設置するだけのものであれば、できるかぎり分解などせずに梱包していくと楽になります。
あるいは荷造りの段階で組み立てておくというのも一つのやり方です。

 

新居での荷解きはワクワクした気持ちで進めたいものです。
これに手間取ってしまったら快適な新生活のスタートも切れません。

 

地味で大変な作業ですが、妥協することなく効率よく荷造りをしていきましょう。

引っ越しの時により効率的に段ボールに荷物を詰める詰め方とは
単身引っ越しを安く済ませたいあなたにオススメの赤帽の見積もりが取れる一括見積もりサービスはHOME'Sだけ!


近場や荷物が少ない引っ越しを検討しているあなたは、HOME'Sで引っ越しするのがオススメ!


引っ越しの時により効率的に段ボールに荷物を詰める詰め方とは

単身引っ越しをもっと詳しく知るならこちら(当サイトトップページ)