引越し 方角 方位

MENU

引越しに向いた方角とは?よい方角について

結婚や転勤など新生活を始める方にとって、楽しみでもあり不安でもあるのが引越しですが、その際にみなさんは方角を気にしたりしますか?

 

方角については日当たり良好な南向きを、という太陽の光を意識した捉え方から、風水などの方角を重視した考え方まで、人によって大事にしているポイントが違います。

 

そんな引越しと方角についてまとめました。

 

まずは引越しに向いた方角についてです。

 

日当たりを意識した部屋探しに関しては、不動産屋さんで判を押したように南向きがよいといわれると思います。

 

南向きは日中はほぼ太陽の光が当たるため、部屋は明るく快適に過ごすことができます。

 

夏は気温が上がり気味になりますが、夏は太陽の位置も高いので、角度的に部屋に日が入る時間はそこまでではありません。

 

逆に冬は日が低いので部屋に光が入りやすく、他の向きよりも暖かく過ごすことができます。

 

風水的に言うと、縁起のよい方角のことを吉方位、あるいは恵方といいます。

 

毎年2月の節分に、恵方巻きを吉方位を向きながら食べるとよいという習慣がありますが、この恵方こそがいわゆる幸せを呼び込む方角です。

 

この吉方位は毎年変化するため、引越しに向いた方角もまた、毎年違うということになりますのでご留意ください。

 

ちなみに2017年の恵方は北北西です。その後、南南東、東北東、西南西、南南東、北北西と続きます。

 

毎年立春から来年の節分までの期間の恵方なので(下記の凶方位も同様)、2018年の1月も2017年の恵方と同じになります。ご注意ください。

 

引越しで避けたい、あるいは向いていない方角とは

 

では逆に引越しに向いていない方角とはどの向きになるのでしょうか。

 

日当たりの面から考えると、南向き以外の東西の向きの部屋は一長一短になりますが、南と逆になる北向きは常に日が入らないため、冬はかなり寒くなります。

 

最近の建築だと北向きの部屋を明るくするために、窓を大きめにとるといった対策がなされている部屋もありますが、洗濯物などには不向きであるため、全体的に考えるとやはり北向きはちょっと不人気です。

 

その代わりに家賃が安くなる傾向ではあります。

 

風水の視点から考えると吉方位の対義語として凶方位というものがあります。

 

凶方位には三大凶位といってメジャーなものが3つほどありますが、そのうちでも最も不吉だとされているのが五黄殺(ごおうさつ)で不幸を呼び込むとされる方角です。

 

ちなみに2017年の五黄殺は南の向きになっています。その後、北、南西、東、南東と続きます。

 

現代では風水や六曜に関する意識は昔に比べて薄まってきていますので、それほど気に病む必要はないとも言われますが、もともと風水や占いというのは古代の統計学に基づいたものからきていると言われています。

 

人生の節目にあたる引越しはなるべく気持ちよく迎えたいものです。

 

実際の住み心地と気分の問題を両方ともすっきりこなして、新生活を送れるように参考にしてみてください。

 

引っ越しに適した方角と避けたい方角について
単身引っ越しを安く済ませたいあなたにオススメの赤帽の見積もりが取れる一括見積もりサービスはHOME'Sだけ!


近場や荷物が少ない引っ越しを検討しているあなたは、HOME'Sで引っ越しするのがオススメ!


引っ越しに適した方角と避けたい方角について