引っ越し 荷造り ダンボール

MENU

引っ越しでより効率的に荷造りをする方法は

引っ越しで業者に作業依頼をする際に、費用をおさえるため荷造りと荷解きを自分で行うという方は多いかもしれません。

 

費用に余裕があればお任せパックのプランでほとんど業者にお任せすればいいですが、それでも一部の荷造りや運ぶ荷物と処分する荷物を分別しておく必要はあります。

 

そのため引っ越し当日に慌てることのないように、少しずつでも作業を進めていかなければなりません。

 

しかし、いざ荷造りなどを始めようとしても何から始めれば良いか分からず、ダンボールに詰めてはみたもののどこに何をしまったか分からなくなって逆に散らかしてしまうなんてこともあるかもしれません。

 

そこで、まずはダンボールに詰める作業の前に荷分けをしていきましょう。

 

処分するものと新居に運ぶもの、どちらか迷っているものに分別していきます。

 

そして、新居に運ぶものの中でも直前まで使うものとしばらく使わないものに分けていきます。

 

荷造りはそれからでも遅くありません。
新居に運ぶしばらく使わない物からダンボールに詰めていけば効率よく進められます。

 

では具体的にどのようにダンボールに詰めていけば良いのか紹介します。

 

衣類

大きなダンボール箱を選ぶと良いでしょう。

 

衣類の畳み方に悩まされないで済みますし、たくさん詰め込んでも重くなりすぎて運べないということもないからです。

 

かさばってしまったり、しわが気になるスーツやコートなどの衣類は、ハンガーに掛けたまま運べるハンガーBOXを利用しましょう。
業者によっては無料でレンタルすることもできます。

 

書籍類

本類は小さいダンボールを利用しましょう。

 

衣類とは逆で、詰めすぎると重くなるものです。
ダンボールの底が抜けてしまったり、一人では運べない状態になるかもしれません。

 

冊数にもよりますが、量が多い場合は業者に頼んでダンボールを多めに用意してもらうか、大きなダンボール何箱かに分けて詰めていきましょう。

 

CD・DVD

CDとDVDは比較的軽めなのでたくさん詰めても問題ありません。

 

ただし、ケースの破損が心配であれば隙間を作らないように詰めていくことが重要です。
隙間ができていたら、いらない紙や新聞紙を入れるようにしましょう。

 

キッチンまわり・食器類

お皿やコップの食器類は、破損防止のため個々に新聞紙などで包んでおくと安心でしょう。

 

ダンボールの中で食器類が動きやすいと、移動中に破損してしまいます。
CD・DVD以上に緩衝剤を隙間に埋める必要があります。

 

また、ダンボール箱を積み上げる際の破損を防ぐために外側も内側も補強しておくと良いでしょう。

 

お皿などは平積みするよりも縦に入れて詰めていくと破損しにくくなります
平積みの方が安定するイメージがありますが、縦積みにすることで箱とお皿の接地面積が減るため結果割れにくいのです。

 

しかし、一つひとつ梱包していくのは大変な作業です。

 

面倒な場合は、引っ越し業者の食器専用ケースを利用しましょう。
クッション素材のダンボール箱ですから、それぞれ保護する必要がありません。

 

業者によっては有料だったり、用意されていない場合もありますからよく確認しましょう。

 

鍋やフライパンなどの調理器具も、紙などをはさむことで音や傷つきを減らせます。
頑丈だからといって雑に扱うと変形してしまいますから注意しましょう。

 

包丁などの刃物類は、刃先を充分に保護して柄は出しておきます。
全部を隠してしまうと、探してるうちに大怪我になりかねません。

 

さらに保護した紙に、赤字で「危険」や「刃物」と書いておくことでさらに安全性を高めることができます。

 

調味料

調味料はさまざまな容器に入っています。
瓶入りのものや蓋つきのボトルなどサイズも素材もさまざまです。

 

液体のものは特に注意が必要なので、外側を保護することはもちろん、中身が漏れないように蓋もしっかり栓をしておきましょう。

 

万が一のことを考え被害が最小限で済むように、破れていない袋で固く口を結び、さらに紙で覆いましょう。

 

家具や家電

大型の電化製品や家具は、いつでも運び出せるようにしてプロに任せましょう。

 

小物の家具や家電は、引っ越し当日から使うものをまとめてダンボールに詰めておくとよいでしょう。
しばらく使わないものはダンボール箱に詰めておいて、時間のあるときや使うときにその都度開梱していけば煩雑になることもありません。

 

梱包

ダンボール箱の底の部分をガムテープで貼る際には、十字貼りにしておくと補強できます。

 

両サイドをガムテープで貼ると、持つときに滑る恐れがありますから荷物の破損や自身のケガに繋がります。

 

まとめ

引っ越しをする際には、荷造りや荷解きの作業以外にも手続きなどさまざまなことを行わなければなりません。

 

少しでも効率よく進めていくためにも、梱包の仕方も考えながらダンボール箱に詰めていきましょう。

 

また、貴重品だけは後でトラブルになる可能性がありますから自己管理の徹底が必要です。

 

最初に荷分けをした際に、処分するか迷っているものも分けましたが、最後に冷静になった時に判断して処理していきましょう。

 

使いそうだから取って置いたものの、よく考えてみたらここ何年も使っていないというものは、新居でも使わない可能性があります。
また、荷物量に比例して引っ越し料金は上がっていきますから、思い切って処分するのも一つの方法です。

 

積め終わった後に、ダンボール箱の外側からでも中身が分かるように、何を入れたのか書いておくことも忘れてはいけません。

 

用途ごとに分類していれば収納していくときにも便利ですし、すぐに使うものだけ開梱していけば良いので、すべてのダンボール箱を開けて部屋が散らかることもないでしょう。

 

さらに新居のどこの部屋、場所に運ぶものなのか記入しておけば、業者の方に運んでもらう場合には指示を出さなくても分かるのでお任せできます。

 

新居でそのまま設置するだけのものであれば、分解せずに梱包していくのも一つの方法です。
また組み立てが必要なものは、荷造りの段階で組み立ててしまえば荷解きの時にも楽になります。

 

ちょっとした工夫だけでもスムーズに作業できます。
新生活を気持ちよくスタートするために、まずは荷造りで躓かないようにしましょう。

 

引っ越しでより効率的に荷造りをする方法は
単身引っ越しを安く済ませたいあなたにオススメの赤帽の見積もりが取れる一括見積もりサービスはLIFULL引越し(旧:HOME'S引越し)だけ!


近場や荷物が少ない引っ越しを検討しているあなたは、LIFULL引越し(旧:HOME'S引越し)で引っ越しするのがオススメ!


引っ越しでより効率的に荷造りをする方法は

単身引っ越しをもっと詳しく知るならこちら(当サイトトップページ)