引っ越し 住所変更 期限

MENU

引っ越しの住所変更で期限はあるのか。

引っ越しの住所変更をするのに期限はあるのでしょうか。
それぞれ見ていきましょう。

転入届・転居届

住民票の転入届や転居届の手続きが遅れた場合は、過料という最大で5万円の罰則を受けてしまう可能性があります。 
住民の移動の手続きには、法律で引っ越しをした日から14日以内にしないといけません。

運転免許証・車検証

運転免許証や車検証などの住所変更も必要になります。
運転免許証の場合も、期限は決められています。
期限は、15日以内と決められています。

 

更新連絡書は、運転免許証に記載をしている住所に送付されますので、住所変更をしなければ忘れてしまう可能性があるので、早めに住所の変更をすることをオススメします。

 

運転免許証は、本人確認証としても利用をする人も多いと思うので早めに手続きをするのがいいです。 
その時に住所変更をした場合は、運転免許証の裏面に新しい住所が記載されます。

 

車検証も期限は決められています。期限は住所変更後から15日以内と決められています。

 

車検証の住所変更はとても簡単にできます。
もちろん自分で車検証の住所変更をすることができます。金額も自分ですることによって安くできます。

 

しかし、車のナンバーが変わってしまう地区へ引っ越しをしたのなら、ナンバーが変わるのでナンバー代がかかってしまいます。

年金

年金を受けている人が引っ越しで住所が変わって変更をするときには、日本年金機構への届け出が必要になります。
住所変更の届け出は、住所変更してから10日以内に期限が決められています。

 

役所や郵便物、カード会社への引っ越し手続き

引っ越しの際、必ず必要になるのが役所での転出・転居届と郵便物の住所変更届け。

 

働いている場合、会社への報告は紙一枚で済みますが、役所への手続きは必ず足を運ばなければなりません。

 

役所への手続きですが、転出はだいたい2週間前から。引っ越し先への転居届けは2週間以内となりますので、それまでに提出するようにしましょう。

 

転出届を出した後に住民票が必要になってしまった!という場合でも手続きを取り消すことはできませんので、今後必要な書類はもうないか、きちんと確認後に手続きするようにしましょう。

 

身分証明書やマイナンバーカードなどが必要になりますので、忘れずに持参しましょう。

 

代理人でも可能ですが、委任状が必要になります。委任状がないと手続きができなくなりますので、注意しましょう。

 

もう一つ重要な手続きの郵便物ですが、インターネットからも簡単に手続きできます。

 

いつから転居先へ転送するかなども指定することができます。面倒ではありますが、カードの明細など重要な郵便物などが手元に来なくなってしまう可能性がありますので、早めに手続きしましょう。

 

その他、カード会社への住所変更もインターネットから簡単に行うことができます。一括で行うようにすると漏れがなくなりますので、忘れずに行いましょう。

 

引っ越しの住所変更で期限はあるのか。
単身引っ越しを安く済ませたいあなたにオススメの赤帽の見積もりが取れる一括見積もりサービスはHOME'Sだけ!


近場や荷物が少ない引っ越しを検討しているあなたは、HOME'Sで引っ越しするのがオススメ!


引っ越しの住所変更で期限はあるのか。

単身引っ越しをもっと詳しく知るならこちら(当サイトトップページ)