引っ越し 準備 リスト

MENU

引っ越し当日までにすることをリストにまとめましょう

引っ越しは決まったけど、何から始めればいいのかよく分からないという方は多いかもしれません。

 

引っ越し作業は荷物をダンボールに詰め込み、引っ越し先に運べば終了というわけではありません。

 

手続きや作業はたくさんあり、引っ越し当日までに行うことから、引っ越し後に行うことまでさまざまです。

 

忘れてしまうと後で問題になることや直前で大慌てすることもありますから、まずはチェックリストを作成することをおすすめします。

 

これは、必要な手続きを忘れないようにするだけでなく、作業を進めるにあたって効率のよいスケジュールを組みやすくなるからです。

 

では、いくつかの手続きや作業を紹介しますので、初めて引っ越しをする方や、荷物をまとめる以外何も思い浮かばないという方は参考にしてみてください。

 

現在住んでいる家の退去手続き

引っ越しをする時には、今住んでいる家の退去届を出さなければなりません。

 

家主さんか、管理会社に連絡をしてください。
基本的には退去日の1ヶ月前までに申し出ます

 

これを忘れてしまうと、二重家賃が発生し余計に家賃を払うこととなるかもしれません。
退去日が決まり次第すぐに連絡しましょう。

 

ゴミ出しや荷造りは時間に余裕を持って行う

荷造りは計画的に進めていきましょう。

 

不要なものと必要なものの仕分けはとくに重要です。

 

引っ越し当日にゴミが残らないようにしなければなりません。
ゴミによっては月に1回、週に1回など回収日がかぎられる場合があります

 

引っ越し先に運ぶことになってしまいますから、よく確認して直前で慌てることがないように効率よく進めていきましょう。

 

とくにテレビのリモコンや物干し竿は忘れがちになるので気をつける必要があります。

 

また、冷蔵庫の電源は、前日までに落としておかなければなりません。
計画的に中身を減らしていって空にしましょう。

 

引っ越し作業の予定を立てる

引っ越し業者を利用する、自分だけで行う、知人などに手伝ってもらうなど、引っ越し作業といってもいくつかの方法があります。

 

費用面を考えると自力で行うほうがいいのかもしれませんが、知人に手伝ってもらう場合でも、大型の家具や家電の輸送は大変です。

 

体力も必要ですし、壁や床を傷つけたり家財を破損してしまうこともあるかもしれません。

 

安くするつもりが、逆に高額になってしまったら目も当てられません。

 

ここはやはり、プロである引っ越し業者に頼むのが、一番安全であり確実です。

 

ただし、荷物量が極端に少なかったり、引っ越し先が近い場合など、状況に応じて変えていけばいいと思います。

 

引っ越し業者に頼んだ場合は、プランによっては当日までに作業しておかなければいけないことや、準備すべきものなどがあるかもしれませんから、当日の開始時間なども含めて、よく確認しておきましょう。

 

また、自力の場合も含めて、近隣の方への作業中の騒音などの断りや退去の挨拶など、相手の時間も気にして忘れないように行いましょう。

 

持っていく荷物を減らす

引っ越し業者を利用する場合、料金は荷物の多さに比例して高くなっていきます

 

荷造りの際に出てきた不要なものは、誰かに譲ったりゴミとして処分するなどしてどんどん減らしていきましょう。

 

ネットオークションやリサイクルショップなどを活用すれば、引っ越し代の足しにできるかもしれません。

 

荷物を減らせてかつ引っ越し料金も抑えられるので一石二鳥の方法です。

 

自力で引っ越しをする際でも荷物が少なければ楽になります。

 

荷物を整理しながら、新しい引っ越し先で本当に必要なものなのかよく考えながら整理していきましょう。

 

引っ越し前後に必要な手続きをリストアップしよう

引っ越しには多くの手続きも必要になります。

 

しっかりとリストアップして忘れないようにチェックしておきましょう。

 

・転出届、転居届
各市区町村の役場にて以下もあわせて行ってください。
(印鑑登録廃止届・国民変更保険資格喪失届・児童手当の手続き)

 

・電気、水道、ガスの使用停止手続き
使用料金の精算は、引っ越し当日か口座からの引き落としになります。

 

引っ越し先の開始手続きも同時に行っておけば、当日の作業もスムーズに行えます。

 

ガスなどは立ち会いが必要ですから、希望の日時を確保するためにも早めに手続きしておきましょう。

 

・携帯電話、クレジットカード、生命保険などの住所変更
各会社に問い合わせや連絡をしてください。

 

・郵便物の転送届
郵便局の窓口かホームページで行ってください。

 

これは1年間の無料転送サービスです。
大事な書類などが旧住所の別の方に届いて問題にならないように、万が一に備えて行いましょう。

上記は引っ越し前にしておく手続きの一部ですが、人によってはほかにも沢山あります。

 

新聞を取っていれば住所変更や解約手続きが必要ですし、ネットショッピングの届け先の住所変更も行わなければなりません。

 

契約している数が多ければ、その分手続きも多くなるので、忘れないようにしましょう。

 

さらに、引っ越し後にも転入届をはじめ各種役所手続きに、免許証や金融機関の住所変更など、忘れてはいけない手続きがたくさんあります。

 

チェックリストを活用して、効率よく進めながら手続き忘れを防いでいきましょう。

 

引っ越しが決まったら早めに申請しなければいけない住所変更手続きとは

引っ越しする際には色々な手続きを行う必要があります。

 

そのなかでも意外に忘れやすいのが住所変更です。

 

直前になって焦らないためにも、リストを作成するなどして忘れないように準備をすることが重要です。

 

それでは主な住所変更手続きを挙げていきます。

 

まずは役所関係です。

 

役所の管轄内で引っ越しをする場合は14日以内に転居届を提出するだけですが、他の市区町村に引っ越しをする場合は、転出届を提出し、転出証明書を発行してもらう必要があります。

 

そして、新しい引っ越し先の役所に、14日以内に転入届とともに転出証明書を提出しましょう。

 

手続きが遅れてしまうと、過料による罰則を取られる可能性もあるので注意しましょう。

 

また、国民健康保険に加入している方は同時に申請を行う必要があります。
ほかにも介護保険や印鑑登録、国民年金などの住所変更も忘れずに行いましょう。

 

お子さんがいる方は、学校や幼稚園などに転校届や退園届を提出するとともに、児童手当や乳幼児医療費受給者証の変更も必要となりますので、現在お子さんが受けている助成などもしっかり見直す必要があります。

 

人によっては多くの手続きが必要です。
役所でまとめて行わないと、何度も役所に通うことになりますから、後で面倒なことにならないように注意しましょう。

 

次にインフラ関係の住所変更です。

 

主に電気、ガス、水道、NHK、固定電話や携帯電話、インターネットの回線やプロバイダーのほか、新聞や牛乳などの飲み物、宅配サービスなども必要となります。

 

インターネットなど引っ越し先ですぐに使用したい場合や、ガスなどで立ち会いが必要なものであれば、希望の日時を予約するためにも早めの手続きが重要です。

 

最後に一番忘れがちな郵便物の転送届です。

 

1年間旧住所に届いた郵便物を転送してもらえるサービスです。

 

個人情報など、旧住所に届けられて後で問題が起きないためにも忘れずに行いましょう。
転送届は郵便局に直接届け出る以外にも、インターネットや携帯などからもできます。

 

届け出後即日転送が始まるわけではありませんから、こちらも早めに行いましょう。

 

引っ越し後に行う手続き

引っ越し先でも住所変更を行うことはたくさんあります。
同様にリスト化して漏れがないようにしなければなりません。

 

まずは、役所関係の手続きです。

 

先ほども触れましたが、転入届の提出や、国民健康保険や年金などの公的な助成などの申請が必要となります。
また、マイナンバーの通知カードやマイナンバーカードの住所変更も必要です。

 

これらは役所の方の指示もあるでしょうから、それに従って行っていきましょう。

 

この時に、住民票の写しをあわせて2、3通発行しておくと、後々の手続きで必要なことがあるので、再度役所へ足を運ぶ手間が省けます。

 

次に免許証ですが、管轄の警察署や免許センターで行うことができます。
他の都道府県からの引っ越しの場合でも、基本的には住民票の写しなどの書類のみで問題ありませんが、それぞれ必要なものが異なるので、しっかりと確認しておきましょう。

 

引っ越しをしてから15日以内が期限になりますから早めに行いましょう。

 

他には銀行、ローン、保険、クレジットカードなどの変更があります。
ここでも、住民票の写しなどが必要な場合があるので、それ以外に必要なものをよく確認し、忘れずに行いましょう。

 

このように、さまざまな手続きがあります。
アプリやネットショッピングの届け先など、住所登録をしているものはすべて行わなければなりません。

 

人によっては膨大な数の手続きが必要ですから、リスト化することで忘れてしまうことを防げます
すべてが引っ越し前に行えるものばかりではありませんから、いつ手続きをするべきかも確認しておき効率よく進めていきましょう。

 

万が一忘れていたとしても、旧住所の郵便物が転送された時点で気付くことができますから、とくに転送届は忘れずに行いましょう。

 

電話番号入力をしたくないなら

引っ越し準備リストを作成して、前後のスケジュールを立てよう
リクルート運営のSUUMO(スーモ)は、電話番号入力なしで見積もり依頼が可能!


さらに依頼する引っ越し業者が選べる、概算見積もり金額が情報入力完了時点で見れるといったことがあるので、非常に便利です。

引っ越し準備リストを作成して、前後のスケジュールを立てよう

赤帽からも見積もりを取るなら

引っ越し準備リストを作成して、前後のスケジュールを立てよう
単身引っ越しを安く済ませたいあなたにオススメの赤帽の見積もりが取れる一括見積もりサービスはLIFULL引越し(旧:HOME'S引越し)だけ!


近場や荷物が少ない引っ越しを検討しているあなたは、LIFULL引越し(旧:HOME'S引越し)で引っ越しするのがオススメ!
※地域によっては赤帽に見積もり依頼できない場合があります。


引っ越し準備リストを作成して、前後のスケジュールを立てよう


申し込み