引っ越し準備 リスト

MENU

引っ越しは事前と事後の準備が大切 引っ越し準備リストの作成についてのポイント

引っ越し当日までにすることをリストにまとめましょう

引っ越しをする際に、当日までに準備することはたくさんありますが、ダンボール箱に荷物を詰める以外何も思い浮かばない、という引っ越し準備初心者の方のために、スムーズに作業を終えるための押さえるべきポイントをご紹介します。

 

メモなどでもいいので、リスト作成をするとよいでしょう。

 

まず最初に、引っ越し先に運び込む荷物の整理ですが、ただ単に持っていくものをまとめるのではなく、引っ越し業者に運んでもらうものと自分で運ぶものを分けましょう。
運搬してもらうものと自分で持っていくものを、リストを作成してまとめておくことで、最低限必要な梱包作業や準備に必要な時間も分かりやすくなります。

 

そして、郵便局で転送届けを提出することを、事前にやっておくことのリストとして挙げておきましょう。
意外と忘れやすいのですが、そのままにしていたら旧住所に郵便物が届くことになってしまいますので、これは優先度が高いものです。

 

引っ越しをするのであれば住所が変わるということですから、市役所で転出の届けをしておかなければいけません。
転出証明書がもらえるので、必ず忘れずに手続きをしましょう。
引っ越し先で転入届を提出する際に、必要な書類になります。

 

最後に、賃貸マンションや持ち家限らず、お世話になったご近所さんに挨拶することも必要です。

 

引っ越し後にすることをリストにまとめましょう

引っ越し後もしなければならないことが多くて大変ですが、これに関しても準備段階から、やることをリストアップしておけばよいです。

 

部屋の後片付けや、ダンボール箱の荷解きなどで忙しいかもしれませんが、それらが終わっても引っ越しが終わったということではありません。

 

まず必要なことは、旧住所でもらった転出証明書を市役所に持っていき転入届を出すことです。
これはリストの優先順位としては1番高いものとなります。

 

そして、免許証やパスポートの住所の書き換えも忘れず行なってください。
これを忘れていると、いざとなった時に慌てることになります。

 

身分証明書として多くの機関から認められているものなので、引っ越し以外の他の手続き関係がスムーズに進まなくなります。

 

引っ越しをした後に忘れがちなのが、自分の持っている口座の金融機関の住所変更です。
これをしておかないと、金融機関との手続きに支障が出ます。

 

最後に、引っ越し先でお世話になるご近所さんへの挨拶です。

 

最近ではあまりなくなりましたが、新しく住む土地ではどのような慣習があるかわかりません。
ですので、その点を確認しながらご挨拶に伺われるとよいでしょう。

 

引っ越しは事前と事後の準備が大切 引っ越し準備リストの作成についてのポイント
単身引っ越しを安く済ませたいあなたにオススメの赤帽の見積もりが取れる一括見積もりサービスはHOME'Sだけ!


近場や荷物が少ない引っ越しを検討しているあなたは、HOME'Sで引っ越しするのがオススメ!


引っ越しは事前と事後の準備が大切 引っ越し準備リストの作成についてのポイント