引っ越し 費用

MENU

引っ越しを行う際に費用面における重要なポイントは…

引っ越しを行う際に、費用面を重要視にしているかどうかは人それぞれだと思います。

 

引っ越し作業や敷金礼金の準備費用、新しい家財の購入など、どれに重点を置いて節約するかはその人次第です。

 

たとえば引っ越し作業の費用を抑えたい方なら、自分自身で作業して引っ越し業者を利用しないように考えると思います。

 

しかし、大きな冷蔵庫や洗濯機などの移動は困難です。

 

体力的にも大変ですし、友人知人に手伝ってもらえばお礼をしたりする必要があります。
レンタカー費用などを考えると結果的に引っ越し業者にお願いした方が良かったということになるなんていう話は多いです。

 

各業者によって費用は変わりますが、一人の引っ越しの場合、単身パックを利用すれば比較的安く利用できます

 

家具家電や住居を傷付けずに運んでもらい、かつ自分が疲れないというのは非常にありがたいです。

 

引っ越しは荷物の運搬以外に手続きがたくさんあります。
体力的にも精神的にも余裕を持って作業したいものです。

 

新居の家賃が一番気になるという方も多いでしょう。

 

毎月必ず支払わなければなりませんから、自分の収入に合った新居を探さなければなりません

 

そこで重要となるのは不動産業者巡りです。
同じような間取りや地域でも、不動産業者によっては家賃が5千円以上違うこともあります。

 

あまりに安ければ事故物件ということも考えられますが、アパートやマンションのローンの支払いが完了したことで貸主の負担が減り、家賃が下がっている場合もあります。

 

そのため、不動産業者に確認をし、実際に自分の目で見てしっかりと比較検討すると良いでしょう。

 

家賃を含む準備費用はかなりの負担となるので注意

自分の希望をすべて満たすような物件は家賃も相当な金額になると思います。

 

家賃は毎月の出費ですから、自分の希望はある程度絞ったうえで新居を探していきましょう。

 

その際、家賃以外にも敷金礼金や仲介手数料などを含めた準備費用が相当な金額になることも頭に入れておかなければなりません。

 

敷金礼金や仲介手数料がともに家賃1ヶ月分として、家賃の前払いにクリーニング代やその他費用を含めれば、家賃4〜6ヶ月分となり単身の方でもかなりの負担となります。

 

そのため、自分の収入に合った家賃の物件を選ぶ必要があるのです。

 

また、退去する際に余計な出費をしないためにも、物件を内見する際には部屋の状態をチェックしましょう。

 

何となく雰囲気を見るだけでは気付かなくても、よく見れば部屋のドアや床に傷がついていたり、取れない汚れが見つかるかもしれません。

 

気になる箇所は、あらかじめ不動産屋に伝えるか、カメラで撮っておくことが重要です。

 

それを忘れたり放っておくと、補修金として請求される場合もあるので、後悔することがないように内見の段階で対応するようにしましょう。

 

家賃を含めて準備費用を抑えるためにも、引っ越し先は妥協することなく根気強く探し、良い物件を見つけていきましょう。

 

物件選びの際に重要なポイントとは

とくに春は、就職や進学、転勤などで住み慣れた場所から引っ越しをするという方も多いと思います。

 

引っ越し先を選ぶ基準として、まずはじめに家賃を挙げられる方が多いと思います。
しかし、その前に重要なポイントがあります。

 

それはセキュリティです。

 

最近は、空き巣やストーカーなどのニュースが多くなってきました。

 

自分の身を守るためにも、まずは住居の安全を確保することが何よりも大切です。
監視カメラが完備されていればそれだけでも安心できます。

 

また、家の鍵が暗証番号で施錠できるタイプであったり、オートロックなどもおすすめです。

 

通常の鍵タイプではスペアキーが簡単に作れてしまう可能性もありますし、オートロックであれば敷地内に関係者以外が立ち入ることを防げます。

 

ほかにも、窓ガラスが簡単に割れないようなタイプであれば不審者の侵入を防げますし、近くに交番や派出所があれば万が一のことが起きてもすぐに駆け込めます。

 

誰しもが安心して生活を送りたいものです。

 

たとえ上記の設備面が充実していても、確実に安全というわけではもちろんありませんが、家賃を安くすることだけに固執せず、セキュリティ面を重視した物件選びも重要です。

 

希望条件に優先順位をつけた上で家賃を考える

次に引っ越し先の家賃について考えていきましょう。

 

一般的には、収入の約3分の1の金額というのが家賃相場であるとされています。

 

安くて自分の希望通りの物件であれば最高ですが、うまく巡り合えるとは限りません。
基本的には相場よりもかなり高くなってしまうでしょう。

 

まずは、自分の中で何を優先するか考える必要があります。

 

防犯面も含めて、駅から近い、スーパーの近くなど、希望条件にも優先順位をつけながら探しましょう。
その上位の条件と家賃を照らし合わせて物件を選んでいけば、引っ越し先を決めやすくなると思います。

 

引っ越し費用は家賃以外にもさまざまな場面で必要です。

 

何度も引っ越しをするわけにはいかないでしょうから、後悔しないためにもゆっくりと時間をかけて物件を探していきましょう。

 

電話番号入力をしたくないなら

引っ越しの費用は家賃を含めて考えるのが大切
リクルート運営のSUUMO(スーモ)は、電話番号入力なしで見積もり依頼が可能!


さらに依頼する引っ越し業者が選べる、概算見積もり金額が情報入力完了時点で見れるといったことがあるので、非常に便利です。

引っ越しの費用は家賃を含めて考えるのが大切

赤帽からも見積もりを取るなら

引っ越しの費用は家賃を含めて考えるのが大切
単身引っ越しを安く済ませたいあなたにオススメの赤帽の見積もりが取れる一括見積もりサービスはLIFULL引越し(旧:HOME'S引越し)だけ!


近場や荷物が少ない引っ越しを検討しているあなたは、LIFULL引越し(旧:HOME'S引越し)で引っ越しするのがオススメ!
※地域によっては赤帽に見積もり依頼できない場合があります。


引っ越しの費用は家賃を含めて考えるのが大切

単身引っ越しをもっと詳しく知るならこちら(当サイトトップページ)


申し込み