引っ越し 大安吉日

MENU

大安吉日に引越しを検討しているかた、参考にしてください。

引越しをする際には縁起が良いとされている大安吉日を選ぶ方もいらっしゃると思います。
この「大安吉日」とはどのようなものかご存知ですか?

 

大安とは中国から伝わった六曜の一つです。
六曜とは中国から室町時代に伝わった占いが元になっており、現在のような吉・凶を表すものとなったのは江戸時代ごろといわれています。
六曜には大安以外に友引・先勝・赤口・先負・仏滅があります。

 

大安は六曜の中で最も縁起の良い日とされており、引越し以外にも結婚等の重要ことを行うのに人気の日です。
大安以外は縁起が良くないの?と思う方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

 

友引は昼前後は凶とされていますが、その時間帯以外は吉とされています。大安の次に縁起が良いと人気の日です。
先勝は午前が吉、午後が凶。先負はその反対で午前が凶で午後が吉です。
赤口は昼前後のみが吉でそれ以外の時間帯は凶とされています。
仏滅は六曜の中で最も悪い日とされていますが、終日が凶という説と午後は縁起が良いという説があります。

 

六曜は先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口の順番で繰り返されますが、旧暦の月頭の六曜は決まっているため、順番がそこでリセットされることとなります。

 

大安吉日に引越しをするメリット・デメリットとは。大安に引越しできない場合は?

大安吉日に引越しをするメリットとは何でしょうか?

 

六曜には科学的根拠は一切ありませんので、大安に引越しをしても仏滅に引越しをしても問題はないのです。
ですが、大安に引越しすれば後々なにか問題があった時に仏滅に引越ししたから・・・と後悔する必要はありませんし、気分的にもとても良いものです。

 

また、祖父母や両親等周りの方から反対されることがないのもメリットです。
デメリットは引越し業者の費用が高くなることです。引越しは距離や荷物量だけでなく日によって料金が変わります。
縁起の良い大安は高くなる傾向にあり、予約も取りにくくなるため早めの予約が必要となります。

 

六曜を気にすると引越しの日が限られてしまい、家族の予定との兼ね合わせが難しくなってしまったり、変更がしにくくなるというデメリットもあります。
縁起の良い日に引越しをしたいけれど大安吉日は難しい、そんな方もいるかと思います。

 

その場合は引越し当日の前に、引越し荷物の一部(自分で持ち運びができる食器類や大切な品等)を大安吉日に運び入れてその日を引越し日とするとよいとされています。

 

遠方への引越し等で事前に運び入れるのが難しい場合は盛り塩や清め塩をする方法があります。

 

引っ越しに人気の大安吉日のメリット・デメリットはどのようなものでしょう。
単身引っ越しを安く済ませたいあなたにオススメの赤帽の見積もりが取れる一括見積もりサービスはHOME'Sだけ!


近場や荷物が少ない引っ越しを検討しているあなたは、HOME'Sで引っ越しするのがオススメ!


引っ越しに人気の大安吉日のメリット・デメリットはどのようなものでしょう。

単身引っ越しをもっと詳しく知るならこちら(当サイトトップページ)