引っ越し 大安吉日

MENU

大安吉日に引越しを検討しているかた、参考にしてください。

引っ越しをする際に、縁起が良いということで大安吉日を選ぶ方もいるかもしれません。
しかし、最近ではこの大安吉日を気にしないという方も多くなってきました。

 

大安とは、中国から伝わったとされる暦に記載される六曜の一つです。

 

カレンダーなどに記載された、その日の運勢、日時や方位の吉凶が分かるものです。

 

六曜には、大安のほかに友引先勝先負赤口仏滅があります。

大安

「たいあん」場合によっては「だいあん」と言われ、六曜の中で最も運勢の良い日とされています。

 

何事においても成功しないことはない日ということで、引っ越しはもちろん、結婚式などを行うのに人気です。

 

吉日もめでたい日、日取りの良い日という意味ですから、このような大安の運勢の良い日を大安吉日と言われています。

では大安以外は運勢が悪いのかというとそうではありません。
それぞれ説明していきましょう。

友引

「ともびき」が一般的ですが「ゆういん」とも言われます。

 

昔は何をしても勝負がつかず引き分けになる日という意味でしたが、最近では友に災いが及ぶという意味に変わってきました。

 

朝は吉、昼は凶、夕方が大吉で、葬式は忌むとされています。

 

葬式は忌むということで、葬式を避ける傾向にありますが、逆に慶事であれば喜びの分け与えるということで好まれることがあります。

 

引っ越しは、昼だけが凶なので、午後から始める場合や午前から始めても昼休憩を挟んで行えば問題ありません。

先勝

「さきがち」「せんしょう」「せんかち」など他にも読み方はありますが、文字どおり午前中が吉、午後2時から6時までが凶と言われています。

先負

「さきまけ」「せんぷ」「せんまけ」などこちらも読み方はさまざまですが、先勝とは逆に午前中が凶、午後が吉と言われています。

 

それぞれ午前のみ、午後のみの引っ越しであれば問題ないでしょう。

赤口

「しゃっこう」「しゃっく」「せきぐち」など他にも読み方はありますが、午前11時ごろから午後1時ごろまでが吉で、それ以外は凶とされています。
吉とされるのが短時間なので、引っ越しにはあまり向かない日でしょう。

仏滅

「ぶつめつ」と言われ、六曜の中では最も悪い日、大凶日とされています。

 

引っ越しはもちろん何事においても悪い日ということで、婚礼などは避けられていますが、「物滅」と読んで「ものが滅んで、新しく事が始まる」と解釈されることもあり、場合によっては大安よりも良い日とされます。

 

このように、大安は確かに引っ越しに向いていますが、それ以外の日にも時間などによっては向いている日もありますから、時間を確認して作業を進めてみるといいでしょう。

風水について調べたい方はこちら → 引っ越しと風水に関連性はあるのか

いつ引っ越しを行えばいいのか

大安吉日が、何事においても成功しないことはない日とされていることは先述しました。

 

そのため、この日に引っ越しをするメリットは運気を上げることができるということです。

 

しかし、同じように考える方も多く、引っ越しの場合はその日に集中することがあります。
繁忙期ともなれば直前での予約ができないことも考えられます。

 

希望の日時がある場合、引っ越しが決まり次第早めに予約を取る方がよいでしょう。

 

ただし、料金を高めに設定している業者も多いので、引っ越し費用を抑えたいという方にはあまり向かない日です。

 

その場合は、大安だけが良い日ではなく、日によって運の良いとされる時間もありますから、引っ越しの日時と照らし合わせて作業を行えばいいでしょう。

 

仏滅は引っ越しを避ける人も多いので、逆に安く引っ越しができる業者もあります。
大安より良い日と解釈されることもあると先述しましたが、さらに費用を抑えたいという方は仏滅を狙って引っ越すことを検討してみてはいかがでしょうか。

 

また、大安吉日を気にされる方が多いように、引っ越しでは風水を気にされる方も多いようです。

 

引っ越しに人気の大安吉日のメリット・デメリットはなにがある?
単身引っ越しを安く済ませたいあなたにオススメの赤帽の見積もりが取れる一括見積もりサービスはLIFULL引越し(旧:HOME'S引越し)だけ!


近場や荷物が少ない引っ越しを検討しているあなたは、LIFULL引越し(旧:HOME'S引越し)で引っ越しするのがオススメ!


引っ越しに人気の大安吉日のメリット・デメリットはなにがある?

単身引っ越しをもっと詳しく知るならこちら(当サイトトップページ)