引越し 粗大ごみ

MENU

粗大ごみはどのように捨てればいいの?

そもそも粗大ごみって何?

引っ越しを機に家具や家電の買い替えなどを行う人は多いと思います。
また、荷物を減らすために不要なものを沢山捨てる方もいるでしょう。

 

その時に問題となるのは粗大ごみの処分です。

 

粗大ごみとは要らなくなった大型の耐久消費財のことを指します。

 

たとえば家電であればステレオや掃除機、家具はソファや本棚、ほかにはスポーツ用品などで大型のものが該当します。

 

これらは解体しても粗大ごみには変わりありません。
各自治体(都道府県)によって変わりますが、粗大ごみに該当するのは何かそれぞれ確認が必要です。

 

粗大ごみの処分の方法は?

まず、粗大ごみは普通のごみとは違います。

 

そのため大きな本棚は、たとえ木製だとしても燃えるごみの日に出せるわけではありません。
また先述しましたが、解体しても粗大ごみに変わりありません。

 

各自治体によって粗大ごみに該当するものやごみ出しのルールが変わりますから、あらかじめ確認しておきましょう。

 

基本的には事前の申し込みが必要で、お金を払って業者に回収してもらいます

 

回収までの流れは、申し込み後にコンビニや郵便局などで粗大ごみ処理券を購入し、氏名や収集日などの必要事項を記入してごみの見やすいところに貼ります。

 

そして指定された回収日に、ごみ置き場などの回収場所に出しておけば業者が持っていってくれます。

 

何も手続きをしないでごみ置き場に置くと、ただの不法投棄となります。
他の方にも迷惑となるのでやめましょう。

 

家電リサイクル法とは?

家電ってすべて粗大ごみではないの?

平成13年に施行された「家電リサイクル法」によって、一部の家電は粗大ごみとして出すことができなくなりました。

 

対象となるのは家庭用に販売されているエアコンやテレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機です。
これらを家電4品目ともいいます。

 

あくまで家庭用なので、業務用を家庭で使っていても対象外となります。

 

家電4品目にはそのほかのごみと違って、リサイクルして使える部品が沢山あります。

 

そのため粗大ごみとは別に回収するようになりました。
廃棄物を減らすためでもあります。

 

家電4品目を回収してもらう場合も有料?

粗大ごみと同様で、家電4品目の回収も費用がかかります。

 

費用は収集運搬料金とリサイクル料金があります。

 

ただし、運搬料金は場合によっては必要ありません。

 

たとえば業者に直接持って行く場合や、新しい家電を購入する際に代わりに引き取ってもらう場合などです。
このときはリサイクル料金だけが必要となります。

 

引っ越しをする際には、新しい家具家電の購入や業者に依頼する費用は気にしますが、粗大ごみや家電の処分費用は忘れがちになります。

 

心機一転気持ちよく新生活をスタートするためにも、旧居で出たごみの処分もしっかりと行っていきましょう。

 

引っ越しのときの粗大ごみってどうしたらいい?
単身引っ越しを安く済ませたいあなたにオススメの赤帽の見積もりが取れる一括見積もりサービスはLIFULL引越し(旧:HOME'S引越し)だけ!


近場や荷物が少ない引っ越しを検討しているあなたは、LIFULL引越し(旧:HOME'S引越し)で引っ越しするのがオススメ!


引っ越しのときの粗大ごみってどうしたらいい?