引越し 粗大ごみ

MENU

そもそも粗大ごみとは?どうやって捨てればいいの?

そもそも粗大ごみって何?

粗大ごみとは要らなくなった大型の耐久消費財のことを指します。

 

たとえば、冷蔵庫や洗濯機などの大型家電や、ソファや本棚などの家具、サイズの大きいスポーツ用品などが該当します。

 

ちなみに解体しても粗大ごみには変わらないので、何が該当するのかは各自治体(都道府県)に依存します。

 

引っ越しを機に家具・家電の買い替えなど行う人は多いと思います。
そういう時に必ず出てくる問題は、粗大ごみの処分です。

 

粗大ごみはどうやって処分するの?普通にごみの日に出していい?

まず、粗大ごみは普通のごみとは違うので、本棚は木製だから燃えるごみの日に出そう…なんてことはできません。

 

厳密には各都道府県のルールによりますが、基本的には有料で、事前に申し込みをすることが必要です。

 

申し込みの結果、おおよその場合シールが貰えるので、それをごみに貼って、指定された回収日に分かるように置いておくと(マンションであれば、共有ごみ置き場など)業者が持っていってくれます。

 

この申し込みをしないでごみ置き場に置くと、ただの不法投棄となります。
他の方にも迷惑となるのでやめましょう。

 

粗大ごみの処分は、自治体によっても手順が変わる可能性があるので、よく確認する必要があります。

 

家電は粗大ごみじゃないの?リサイクル法って何?

家電って粗大ごみじゃないの?

確かに家電は粗大ごみの仲間でしたが、今は違います。

 

平成13年に施行された「家電リサイクル法」があり、大きな家電は粗大ごみで出すことができなくなりました。

 

家電製品にはそのほかのごみと違い、リサイクルして使える部品が沢山あるので、廃棄物の減量とリサイクルの両面から回収するようになりました。

 

対象は家庭用として販売されているもので、エアコン、テレビ(ブラウン菅式)、薄型テレビ(液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機です。

 

そのため、業務用のものを家庭用に使っていても対象外といえます。

 

家電リサイクルはお金がかかる?

そのほかの粗大ごみと同様、家電リサイクルを行うには費用がかかります。

 

具体的には収集運搬料金とリサイクル料金の2種類です。

 

業者に直接持っていけば、運搬料金は掛かりませんので、費用はリサイクル料金だけになります。

 

また、引越しの際に冷蔵庫などの新しい家電を購入した場合は、代わりに引き取ってくれることもありますので、その場合もリサイクル料金だけになります。

 

引っ越しして心機一転、気持ちよく生活をスタートさせたいですが、家電を含めた粗大ごみの処分も忘れずにしましょう。

 

引っ越しのときの粗大ごみってどうしたらいい?
単身引っ越しを安く済ませたいあなたにオススメの赤帽の見積もりが取れる一括見積もりサービスはHOME'Sだけ!


近場や荷物が少ない引っ越しを検討しているあなたは、HOME'Sで引っ越しするのがオススメ!


引っ越しのときの粗大ごみってどうしたらいい?