引っ越し マイナンバー 手続き

MENU

マイナンバーの種類について

マイナンバーには、通知カードと個人番号カード(マイナンバーカード)の2種類があります。

 

通知カードは、住民票を有する者一人ひとりに個人番号をお知らせするための紙製のカードです。

 

個人番号カード(マイナンバーカード)は、プラスチック製のICチップ付きカードで、顔写真付きの身分証明書にもなるカードです。
これは、申請することで交付されるものです。

 

では、引っ越しをする場合、これらのカードは何か手続きをしなければいけないのでしょうか。

 

そもそもマイナンバーとは、個人一人ひとりが持つ12桁の番号で、引っ越しをしたからといって番号が変わるわけではありません。

 

ですから、何も手続きをしなくてもよさそうなものですが、実際は住所変更手続きが必要です。

 

その理由は、表面と裏面の記載されている場所は違いますが、どちらのカードにも住所が記載されているからです。

 

14日以内に役所窓口にて手続きが必要なので、忘れずに行いましょう。

 

マイナンバーの住所変更手続きと紛失した場合について

では手続き方法について詳しく説明します。

 

引っ越しをする場合、現在住んでいる役所に引っ越しの届け出をするわけですが、新しい住所によって手続きが多少変わります。

 

同じ市区町村へ引っ越しをする場合、転居届の提出をします。
新しい住所も同じ役所ですから、マイナンバーの住所変更はここで行うことになります。

 

他の市区町村へ引っ越しをする場合、まず転出届を提出し、転出証明書を発行してもらいます。

 

これを新しい住所の役所へ転入届とともに提出しますが、通知カードや個人番号カード(マイナンバーカード)の変更手続きもここであわせて行います。

 

ただし、個人番号カード(マイナンバーカード)の場合は、転出証明書の情報が送信されるため発行されません。

 

もし、これらのカードを紛失してしまったらどのようにすればいいのでしょうか。

 

まず、警察に遺失物届を提出しましょう。
その後、現在住んでいる役所に再発行手続きをします。

 

マイナンバーカードの場合、機能停止の手続きも必要です。
コールセンターに連絡することを忘れないようにしましょう。

 

万が一、機能停止手続き後に見つかった場合は、停止解除は役所にて行います。

 

プライバシー性の高い個人情報は、記載されていたりICチップに記録はされていませんが、それでも住所や氏名、生年月日ほか個人番号が記載されているカードです。紛失しないように大切に保管しましょう。

 

海外へ引っ越しする際に作っておくべきリストとは

海外への引っ越しというのはなかなか経験するものではないかと思います。

 

そのため、いざ引っ越しをしなければならない状況に直面した時、何から始めて何の手続きをすればいいのかよく分からないと思います。

 

日本国内での引っ越しとは明らかに違う点があるので注意しましょう。

 

そこで、荷物に関しての違いを1つ紹介したいと思います。

 

国内と違うのは、荷物を発送してから受け取るまでの時間です。
国内ではプランによっては変わりますが、遠くても2、3日で荷物は届くでしょう。

 

しかし、海外となるとそうはいきません。
荷物を受け取るまでに場所にもよりますが、航空便でも1週間以上、船便だと1か月以上時間がかかる場合もあります。

 

そこで重要なのが荷物のリストの作成です。

 

海外生活ですぐに必要なものと、そうでないものをピックアップすることが重要です。

 

スーツケースなどに詰め込んで自分で持っていくものと、箱詰めして後から送ってもらうものを決めておくことで、荷造りもスムーズに作業できます。

 

また、引っ越し荷物の中身を申告しなければならないという点が国内とは大きく異なります。
どんな荷物でも国内から海外に送るには、税関を通過させる必要があります。

 

この税関で、荷物の中身に危ない物が入っていないことや密輸品に当たるものが入っていないことを証明しなければならないのです。

 

そのため、箱詰めの際に荷物明細書を作成しないといけません

 

また、国内へ残すものや処分しなければならないものも、あわせて判断しやすくなるので、そのような点からもリスト作成はおすすめといえます。

 

マイナンバーはどうすればいいのか

マイナンバーの通知カードや個人番号カード(マイナンバーカード)は、海外引っ越しの場合はどうすればいいのでしょうか。

 

国内の引っ越しであれば、住所変更手続きをするだけです。

 

しかし、海外の場合はカードを返納しなければなりません
これは、国内に住民票を有する者に発行されるカードだからです。

 

ただ、一度交付された個人の番号は変わることがないので、再び国内へ引っ越しをする場合は、同じ番号を使うことになります。
海外へ引っ越しをする場合は、マイナンバーの手続きも忘れずに行いましょう。

 

海外引っ越しは、慣れていなければ分からないことだらけで不安になるかもしれません。

 

周りの経験者の方や引っ越し業者の方によく話を聞いて、直前で慌てることのないように引っ越し作業を進めていきましょう。

 

電話番号入力をしたくないなら

マイナンバーは引っ越し時に何か手続きが必要?
リクルート運営のSUUMO(スーモ)は、電話番号入力なしで見積もり依頼が可能!


さらに依頼する引っ越し業者が選べる、概算見積もり金額が情報入力完了時点で見れるといったことがあるので、非常に便利です。

マイナンバーは引っ越し時に何か手続きが必要?

赤帽からも見積もりを取るなら

マイナンバーは引っ越し時に何か手続きが必要?
単身引っ越しを安く済ませたいあなたにオススメの赤帽の見積もりが取れる一括見積もりサービスはLIFULL引越し(旧:HOME'S引越し)だけ!


近場や荷物が少ない引っ越しを検討しているあなたは、LIFULL引越し(旧:HOME'S引越し)で引っ越しするのがオススメ!
※地域によっては赤帽に見積もり依頼できない場合があります。


マイナンバーは引っ越し時に何か手続きが必要?


申し込み