引っ越し 不用品 処分

MENU

チェックリストを作成して持っていく荷物と不用品の整理をしよう

引っ越しの予定があるのであれば、引っ越し先に持っていくものと不用品として処分するものをきちんと整理しておきましょう。

 

しかし何となく作業を始めようとしても、どこから手をつけていいのかも分かりません。
部屋の荷物量を理解しているようで実際はよく分かっていない方も多いでしょう。

 

不用品は少しずつでも処分をしていけば、引っ越し日までに慌てることもなくスムーズに作業できます。

 

そこで、チェックリストの作成をおすすめします。

 

リストは自分が作業するためのメモなので、いらない紙などに記入して分かるようにしておけばいいでしょう。

 

まずは部屋を回っていき、大きな家具や家電から確認していきます。

 

引っ越しの費用や作業時間は大型の家財によって差が出ます

 

普段使うような冷蔵庫や電子レンジ、洗濯機にテレビなどでも、引っ越しを機に買い替えを検討してもいいかもしれません。

 

持って行く場合でも、トラックへの積み込みやパックによってスペースに入らないからと追加料金が発生することもありますから、リストを活用してしっかりと分別して荷物量を確認することが重要です。

 

細かい荷物の確認ももちろん必要ですが、細かくチェックしていくと逆に時間が掛かるだけですから、扇風機や掃除機などの小物家電くらいまではリストの対象にしましょう。

 

付箋を使って分かりやすくする

リストに記入した後は、付箋を使ってより分かりやすくしましょう。

 

例えば赤色の付箋を貼っているものは持って行く物、青色は不用品など見た目でも分かるようにします。

 

そうすることで、不用品の処分からスムーズに作業ができますし、引っ越し当日にも引っ越しの作業員に指示を出しやすくなります。

 

先にある程度分別できれば、いざ荷物を詰め込む際にやっぱり持って行こうと迷うことも減るでしょう。

 

また愛着のある家具や家電などはなかなか処分できないかもしれませんが、何年も使っていない物や新居で使いそうもないものまで持って行くとなれば、それだけ費用がかかってしまいますし、新居のスペースも減ってしまいます。

 

分別する際、余計なものは基本的に不用品として処分をするよう心がけましょう。

 

不用品の処分方法

不用品を処分する際には、捨てるだけが唯一の方法ではありません。

 

家具や家電だけでなく、本やゲームソフトなど、買い取ってもらう方法もあります。

 

最近では引っ越し業者が買い取りサービスを行っているところもありますし、リサイクルショップやネットオークションなどを利用してもいいでしょう。

 

ネットオークションは本当に使いたい人が見つかりますから高く買ってもらえるかもしれませんし、新しいものや貴重なものであれば、リサイクルショップでも高く買い取ってもらえるかもしれません。

 

ただ捨てるだけでも、物によっては費用がかかりますし面倒な手続きがあったりします。

 

そのため、廃棄する場合の費用や買い取り額などをよく比較することが重要です。

 

ネット買取をしているリサイクルショップや不用品買取業者の無料出張見積もりサービスなども活用して一番良い方法で処分していきましょう。
上手く使い分けることで、引っ越し費用の足しにできます。

 

このようにチェックリストを作成することは、持って行く物と不用品を分けるためだけでなく、処分方法を決めるうえでも重要です。

 

チェックリストを作成して持っていく荷物と不用品の整理をしよう
単身引っ越しを安く済ませたいあなたにオススメの赤帽の見積もりが取れる一括見積もりサービスはLIFULL引越し(旧:HOME'S引越し)だけ!


近場や荷物が少ない引っ越しを検討しているあなたは、LIFULL引越し(旧:HOME'S引越し)で引っ越しするのがオススメ!


チェックリストを作成して持っていく荷物と不用品の整理をしよう

単身引っ越しをもっと詳しく知るならこちら(当サイトトップページ)