引っ越し 風水

MENU

引っ越しと風水的な関連性はあるのかどうか

病気や交通事故、仕事や人間関係のトラブル・災難が続くようなことが起きていたとしたら、引っ越しの方位や時期が悪い場合が多いようです。

 

何が原因で、悪いことが続いてしまうのでしょうか。

 

風水的に悪く、問題がある場所への引っ越しを気付かないうちに選んでしまっているのです。
知らないうちに、悪い方位や悪い時期・いわくつきのところの影響を受けて、本来持っている自分自身の実力が発揮されることがなくなってしまいます。

 

体調を崩したり、元気もなくなることもあるようなので、注意が必要です。

 

風水では、五黄殺が最凶の方位とされています。

 

病気やトラブルを招きやすい方位で、引っ越しや旅行も避けたい事柄の一つです。
暗剣殺も五黄殺と同じように、凶作用が強い方位です。

 

事故やトラブルに注意を払いたいです。
本命殺は、健康面で影響を受けやすい凶方位と言われています。
凶の影響を受ける人と、影響が少ない人もいるようです。

 

風水的に間取りや敷地は、長方形を選ぶのがベストのようです。
欠けていたり出っ張っていると、悪い作用を引き寄せてしまうそうです。
日当たりや風通しの良い家は、運気も巡るので循環させてくれます。

 

凶方位への引っ越しや移動をやむなくしないとならないときは、お祓いを受けるのがおすすめです。
神社への参拝は、凶の影響を抑えるためにも有効です。
不運続きなら、お祓いや神社参拝を試してみるのはいかがでしょうか。

 

引っ越しの際にチェックしたい、風水上の吉方角について

引っ越しの際に風水を参考にした!という人はそんなに多くないのかもしれません。
引っ越しの際には、新居の間取りや値段(家賃)、利便性などを重視して選ぶ方がほとんどだと思います。

 

また、引っ越しの日取りも「希望のエリアで空き部屋が出たから」「その時期が引っ越しの見積りが安かったから…」などという理由で決めている方も多いでしょう。

 

でも、実は風水には毎年吉方位というのがあって、ちょうど良いタイミングで吉方角へ動くことで、悪い運気を払って運気が大きくアップする可能性があるんですよ。

 

ちなみに、吉方角というのは引っ越しだけではなく、旅行先やお出かけ先を選ぶのにも参考になります。
吉方角は生まれた年で導き出す本命星とその月の生まれから導き出す月命星があり、それぞれの吉方角があります。
引っ越しの際は、引っ越す前の自宅から見た方角で調べましょう。でも、ただ吉方角に引っ越せばそれで良いというわけではありません。
日当たりが良く、風通しがいい場所を選ぶということも大事です。

 

また、万人にとって凶方位というのがあり、例えば2016年であれば北東と南西が凶の方角になります。
こういった方向に引っ越すことのないよう必ずチェックしておきたいものです。

 

引っ越しと風水的な関連性はあるのかどうか
単身引っ越しを安く済ませたいあなたにオススメの赤帽の見積もりが取れる一括見積もりサービスはHOME'Sだけ!


近場や荷物が少ない引っ越しを検討しているあなたは、HOME'Sで引っ越しするのがオススメ!


引っ越しと風水的な関連性はあるのかどうか

単身引っ越しをもっと詳しく知るならこちら(当サイトトップページ)