引越し 単身パック

MENU

一人の引っ越しだからこそ安く済ませよう!

引越し,単身パック

引っ越しは全国に200以上の業者があるように、引っ越しプランもたくさんあります。

 

中には一人暮らしの人には嬉しい単身専用の引っ越しプランもあります。引っ越しには何かとお金が掛かるものですが、こういったものをしっかりと活用すれば、出費を抑えることができます。

 

単身パックは安いところだと1万円台からあり、進学や単身赴任など一人暮らしを始める方の多くが利用しています。

 

単身パックを扱っている引っ越し業者は、サカイ引越センター(せつやくコース)、日通(単身パックS・L)、アリさんマークの引越社(ミニ引越しプラン)などがあります。

 

しかし、単身引っ越しを安く済ませるなら、いくつかポイントを押さえる必要があります。これをしっかりと理解して、安い引っ越しを実現しましょう!

 

単身パックの基礎の基礎

一人暮らしの賢い引越し術【単身パックが安い業者の見つけ方】

なぜ、単身パックが安いか知っていますか?

 

一人で引っ越しをするんだから安くて当然でしょ! と安易に考えているとしたら、まずは仕組みを理解することから始めましょう。

 

一人の引っ越しの方が家族で引っ越しするよりも荷物が少なくなるので料金が安くなる、という考えは間違っていません。

 

しかし、単身パックは条件付きであることを知っておきましょう。

 

例を挙げると・・・

日通
  • プラン:単身プランS
  • 条件:横幅108cm × 奥行74cm × 高さ155cm の専用ボックス(カゴ台車)に荷物が入ること。
  •  

  • プラン:単身プランL
  • 条件:横幅108cm × 奥行104cm × 高さ175cm の専用ボックス(カゴ台車)に荷物が入ること。

 

アリさんマークの引越社
  • プラン:超ミニ引越しプラン
  • 条件:ダンボールのみ10個まで。
  •  

  • プラン:特ミニ引越しプラン
  • 条件:ダンボール15個までとテレビ(小)チェスト(小)くらいの引越し。たたみ1畳ぐらいの広さに入る量が目安。
  •  

  • プラン:ミニ引越しプラン
  • 条件:ダンボール20個までと、テレビ・冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ・自転車などの引越し。たたみ3畳ぐらいの広さに入る量が目安。

 

一人暮らしの賢い引越し術【単身パックが安い業者の見つけ方】

これを見て、この量なら問題なく収まるな、という方は、早速見積もりを取ってしまいましょう。

 

とは言え、普通に見積もりを取るだけでは損をしてしまう可能性があります。

 

安い料金で引っ越しをしたいのであれば、引っ越し見積もりの上手な取り方をチェックしてみてください。

 

引っ越し料金を安くするコツがまとめられているので、きっと参考になるはずです。

 

荷物の量が多いと単身パックでも高くなる!

意外と見落としがちなのが、安い料金で済むのは既定の荷物の量に収まった時に限った話という点です。

 

例えば、先ほど紹介した日通の単身パックLをもう少し具体的に見てみると・・・

  • 冷蔵庫(2ドア・109リットル)
  • 洗濯機(4キログラム)
  • 薄型テレビ(20インチ)
  • テレビ台(小)
  • 電子レンジ
  • 掃除機
  • カラーボックス(3段)
  • 衣装ケース(39cm×53cm×23cm)
  • 姿見
  • 布団
  • 日通ダンボールMサイズ(517mm×343mm×343mm)5個

 

といった荷物の量が目安となります(日通の公式サイト「単身パックLについて」の商品説明より引用)。

 

一人暮らしの賢い引越し術【単身パックが安い業者の見つけ方】

荷物が専用ボックスに収まらなければ、追加の料金が発生するため、高くなってしまいます。

 

また、しっかりと見ている方は気づいていると思いますが、寝具が「布団」となっていることに気づくはずです。ベッドの場合、大きいので専用ボックスに収まるはずもなく、やはり別料金が発生してしまいます。

 

アリさんマークの引越社でも、ベッドについては触れられていませんね。

 

マンスリーマンションであったり、ベッドは持っていかないという方はまったく気にしなくていいと思いますが、プランの内容をよく見てから申し込まないと見積もり時に失敗をしてしまうことがあるので注意が必要です。

 

適切なプランで安く引っ越しをするには?

一人暮らしの賢い引越し術【単身パックが安い業者の見つけ方】

ここまで読んでいただいていれば、「単身プラン=一人の引っ越しにおける最安値プラン」ではないことは気づいていただけたかと思います。

 

では、どうすれば一番安い引っ越し料金で引っ越しをすることができるのか。

 

答えは簡単。

 

荷物を減らすことと、引っ越し見積もりの比較をすることです。

 

不要な物は引っ越し前に処分!

一人暮らしの賢い引越し術【単身パックが安い業者の見つけ方】

一人暮らしをしていると、ついつい物を捨てないで貯め込んでしまう。そんな経験をしたことはないでしょうか?

 

例えば、時間を潰すために買ったゲームやDVD、読まなくなった漫画や雑誌など、部屋の片隅で埃をかぶっているものも多いのではないでしょうか。

 

また、自炊をしている場合、炊飯器や電子レンジ、フライパンや鍋などを買っていると思いますが、単身赴任が終わって家族がいる自宅に戻ったり、学生生活を終えて実家に戻る場合などはわざわざ持って帰らなくてもいいでしょう(買ったばかりの最新機種とかであれば検討の余地ありですが)。

 

そういったものは本当に必要なものだけを残して思い切って処分をしてしまいましょう。そうすることで、荷物が減らせるので、引っ越しの料金を安くすることができます。

 

一人暮らしの賢い引越し術【単身パックが安い業者の見つけ方】

ただ、ここでもお得に引っ越しをするポイントがあります。

 

不要品というといきなり捨てることを考えてしまうかもしれませんが、まずはそれが売れないかを調べてみましょう。捨てるはずのものが意外な値段で買い取ってもらえるかもしれません。

 

荷物の量が減って引っ越し料金が安くなり、不要品を買い取ってもらうことでお小遣いも手に入るので一石二鳥です。

 

引っ越し業者によっては不要品の買い取りをしているところもありますが、餅は餅屋、専門の業者に頼むようにしましょう。

 

どこに頼んだらいいのかいちいち探すのは面倒なので、不要品がある場合は、下記のページが参考になるのでチェックしてみてください。

 

【参考】引越し業者に不要品処分を依頼すると損をする!? 回収を依頼する前に

 

一人暮らしの賢い引越し術【単身パックが安い業者の見つけ方】

ちなみに、先ほども話が出たベッドについては、フランスベッドのようなブランド家具でない限り、ほぼ買い取ってもらえないものだと考えた方がいいです。寝具はかなりプライベートなものなので、中古での需要がかなり少ないためです。

 

楽天などのネットショップで取り扱っている無名ブランドのベッドを使っているようであれば捨ててしまいましょう。

 

ベッドのみで引っ越しを行うという仮定で試算してみると、大体2万円〜5万円が相場になります。作業員のコストを差し引いてもベッドの移動に3万円前後取られることを考えると、引っ越し前に処分して引っ越し先で新しいベッドを買った方がいいです。

 

また、ベッドはシングルであっても大きいので、処分に高いお金を取られると思うかもしれませんが、粗大ごみとして出せばかなり安く処分ができます。

 

ベッドのサイズにもよりますが、東京23区でも大体2,000円ぐらいで処分できてしまいます。

 

複数の引っ越し業者から見積もりを取って比較!

一人暮らしの賢い引越し術【単身パックが安い業者の見つけ方】

不要品の処分が終わったら、次は引っ越し業者から見積もりを取りましょう。

 

見積もりを取るのは、くれぐれも不要品の処分が終わってからです。そうしないと、見積もりの際に、捨てるはずのものも運ぶものとして金額に含まれてしまうので。

 

安く引っ越しをするコツは、複数の業者から見積もりを取ることです。

 

ひとつ目の理由として、引っ越し料金は業者ごとに大きく異なるからです。同じ荷物と移動距離なのに、どうしてここまで差が出るんだ! というぐらい料金に開きがある場合もあります。

 

一社から見積もりを取るだけではどれぐらいが相場なのか判断ができないため、見積もりの比較は必須です。

 

もうひとつの理由として、この料金の差を利用して、引っ越し業者に交渉ができるからです。

 

例えば、A社が10万円で、B社が8万円だった場合、A社に対して「B社は8万円って言ってきたけど、もっと安くならないの?」といった話ができます。

 

こういった交渉をやったことがない方は、「そんなことをしても簡単に見積もり金額は下がらないものじゃないの?」と思うかもしれませんが、引っ越しの料金は相場があってないようなものなので、思っているよりも簡単に値引きすることができます。

 

狙い通り値引き交渉をするのであれば、2社ではなく、3〜5社は見積もりを取るようにしましょう。

 

とはいえ、それぞれの業者に見積もり依頼をするのは面倒です。

 

そこで便利なのが引越しの一括見積もりサービスです。

 

一昔前であれば見積もりの比較をしようと思ったら各引っ越し業者に電話して見積もりをしてもらう必要があり、その度に引っ越しに関する情報を伝えなければいけなかったので、相当面倒でした。

 

比較しようとしたけど、面倒すぎて結局業者の言い値でOKしてしまった、という経験をした方もいると思います。

 

一括見積もりサービスなら、住所と大体の荷物を一度入力すれば、複数の引っ越し業者にその情報が一斉に送られるので、何度も同じ情報を相手に伝えるといった手間が一切ありません。

 

一人暮らしの賢い引越し術【単身パックが安い業者の見つけ方】

1つのフォームに必要事項を記入するだけで複数社に同じ条件で見積もりを依頼できる。

 

複数社の見積りを参考に、業者と引越し費用の値下げ交渉ができる。

 

そのほかにも、引越し費用の相場も分かるので、引越し予算の見直しができたり、適正価格を把握することもできます。

 

また、交渉次第では料金の値下げだけでなく、いろいろなオプションサービスを無料でつけてくれたりする業者も多いので、安く引越しを済ませたいのなら、一括見積もりは絶対にとっておくべきです。

 

引越し業者無料一括見積りおすすめサイトTOP3一人暮らしの賢い引越し術【単身パックが安い業者の見つけ方】

一人暮らしの賢い引越し術【単身パックが安い業者の見つけ方】

  • 200社以上の業者から最大10社まで無料一括見積もり
  • 引越し料金が最大50%安くなる
  • 最短1分24時間いつでも利用可能
  • 「引越し業者の選び方」や「安くするコツ」など引越し情報が満載のガイドブックを無料でプレゼント
  • 最大10万円引越し代金キャッシュバック

 

一人暮らしの賢い引越し術【単身パックが安い業者の見つけ方】

 

一人暮らしの賢い引越し術【単身パックが安い業者の見つけ方】

  • 100社以上の引越し業者が登録
  • 最短1分の簡単入力
  • HOME'Sだけのお得なプレゼントやキャンペーンも実施中!キャンペーンを上手に利用すると引越し料金最大50%割引も!
  • ライフスタイルにあった業者をネット見積もりでしっかりチェックできる

 

一人暮らしの賢い引越し術【単身パックが安い業者の見つけ方】

 

一人暮らしの賢い引越し術【単身パックが安い業者の見つけ方】

  • 厳選業者200社以上から無料で一括見積りできる、日本最大の引越し一括見積もりサイト
  • 紹介件数1,440万人突破!
  • 金融系の会社の傘下にあるため個人情報の管理等がしっかりされているて安心
  • 引越しお祝い金や特典プレゼントキャンペーン実施中

 

一人暮らしの賢い引越し術【単身パックが安い業者の見つけ方】

 

引っ越し先が近い場合は・・・

一人暮らしの賢い引越し術【単身パックが安い業者の見つけ方】

引っ越し先が近い場合は、大手業者ではなく、赤帽引越しに依頼すると安い料金で済む場合があります。

 

赤帽車と呼ばれる専用の軽自動車に収まる荷物の量であれば、首都圏でも2万円以下での引っ越しが可能です。

 

しかし、あくまでもこれは荷物が最低料金で対応できる量に収まった場合で、荷物の量や日時によって料金は変わってくるので、見積もり比較をするのを忘れてはいけません。

 

また、赤帽車なら狭い道でも入れるので、家の前の道幅が狭く、他社では対応ができないといった場合でも対応ができるのも特徴です。

 

赤帽を含めた一括見積もりを行う場合は、唯一赤帽が登録しているHOME’Sを利用しましょう。ここ以外の一括見積もりサービスを使っても赤帽から見積もりが取れないので、他社と比較ができません。

 

一人暮らしの賢い引越し術【単身パックが安い業者の見つけ方】

 

 

一人暮らしの賢い引越し術【単身パックが安い業者の見つけ方】

  • 200社以上の業者から最大10社まで無料一括見積もり

  • 引越し料金が最大50%安くなる

  • 最大10万円引越し代金キャッシュバック

一人暮らしの賢い引越し術【単身パックが安い業者の見つけ方】

一人暮らしの賢い引越し術【単身パックが安い業者の見つけ方】

  • 100社以上の業者が登録

  • HOMESだけのお得なプレゼントやキャンペーンも実施中!キャンペーン利用で引越料金最大50%割引も!

一人暮らしの賢い引越し術【単身パックが安い業者の見つけ方】

一人暮らしの賢い引越し術【単身パックが安い業者の見つけ方】

  • 紹介件数1,440万人突破!日本最大厳選業者200社以上から無料で一括見積りサイト

  • お祝い金特典プレゼントなど盛りだくさんのキャンペーン実施中!

一人暮らしの賢い引越し術【単身パックが安い業者の見つけ方】

 

一人暮らしの賢い引越し術【単身パックが安い業者の見つけ方】